八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

全国高校野球沖縄大会 八重農、8強進出

先制の二塁打を放ち、チームの勝利に貢献した4番・鷹野蒼治郎=8日午前、北谷公園野球場

先制の二塁打を放ち、チームの勝利に貢献した4番・鷹野蒼治郎=8日午前、北谷公園野球場

八重山勢対決制す 八重高を4-2 きょう浦商を対決

 【北谷】夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権沖縄大会(県高等学校野球連盟、朝日新聞社主催)の3回戦8試合が8日、沖縄セルラースタジアム那覇など3球場で行われ、北谷公園野球場第1試合の八重山勢対決は八重農が八重高を4|2で破り、創部以来初のベスト8進出を果たした。ベスト4を懸けた準々決勝の相手は浦添商業。9日午後0時半から沖縄セルラースタジアム那覇で行われる。

■八重農 鷹野、先制二塁打

 八重高の追い上げ許さず

 【北谷】先攻の八重農は初回、1番・宮城羅が死球で出塁すると、犠打や四球で1死一、二塁の好機。4番・鷹野蒼治郎が真ん中高めの直球をはじき返した打球は左越二塁打、2点を先制した。

 続く5番・宜間遥希の犠打が相手の敵失を誘って1死一、三塁とチャンスを広げる。6番・嘉弥真大輔が「狙っていた」という直球を左翼への犠飛として1点追加。さらに、宜間の盗塁で2死二塁から、7番・登野城吉紘が中前打で加点、八重高先発の崎山鷹士郎をマウンドから引きずり降ろした。

 4点差を追いかける八重高は初回裏、2四球などで1死一、二塁から4番・東盛隼己が右前の適時打を放ち、送球が乱れる間に2人が生還、2点差に追い上げた。

 しかし、二回以降は互いに得点できず、膠着状態のまま最終回に突入。八重農は九回裏、2死一、二塁のピンチを迎えたが、登野城が代打・比嘉舜太朗を三球三振にしとめた。

八重農

400000000|4

200000000|2

八重高

(農)登野城、屋良部、登野城、屋良部、登野城|宮城

(八)崎山、花城、川原|石垣

▽二塁打=鷹野、登野城、宜間、仲間(以上農)、東盛、川満(以上八)

■砂川玄隆監督

 地区大会では負けているのでここで決着をつけようと強い気持ちで臨んだ。調子の良かった鷹野を久しぶりの4番にすえたのがよかった。数少ない3年生もチームをよくまとめてくれた。

■東与那覇明寛主将

 初回は盛り上がったが、点が取れない回が続くとベンチが暗くなりかけた。ベンチを盛り上げるよう声かけをしっかりし元気づけた。次も自分たちの野球をしっかりやって優勝を目指す」と意欲を燃やした。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム