八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

無料学習支援塾 市子どもセンター内に開所

「子どもホッ!とステーション未来塾」を運営する山里世紀子代表理事(右から2人目)ら=13日夕、市子どもセンター

「子どもホッ!とステーション未来塾」を運営する山里世紀子代表理事(右から2人目)ら=13日夕、市子どもセンター

「子どもホッ!とステーション未来塾」
経済的に困難な世帯などの中学生が対象

 学習の意欲がありながら、経済的に困難などの理由で学習塾に通うことができない主に中学生を対象にした無料の学習支援塾「子どもホッ!とステーション未来塾」が13日、石垣市子どもセンター内に開所した。同センターを運営する一般社団法人HOPE(山里世紀子代表理事)が市から同塾の運営を受託。主に中学生を対象に学習を支援して高校進学を目指すほか、軽食の提供や生活指導を行い、経済的に困難な世帯やひとり親世帯などの児童生徒をサポートする。

 市が昨年度、子どもの居場所として設置した石垣市大川の「子どもホッ!とステーション」(旧やしの実保育園)に続き2カ所目。同塾では学習支援を重点的に行う。

 開館日は毎週火、水、木曜日の午後6時から同9時。1日当たり定員20人で、達し次第締め切る。教職経験者や塾講師ら学習支援員3人、相談支援員2人、食事支援員1人の6人体制で支援する。

 学習教科は主に中学生の主要5教科。児童生徒が持っている学校の教科書や副教材、試験の答案、学校から出された宿題などをメーンに学ぶ。

 利用するには市への申請が必要。生活状況などを確認する審査を経て、承認されれば利用できる。担当の市児童家庭課によると、現在小学6年から中学3年までの12人から申し込みがあり、審査中という。

 山里代表理事は「小中高と途切れのない支援ができるのが児童館の良さ。その使命をやっと担えると思うと胸がいっぱい。親に遠慮して夢や希望を言えない子が多いが、関わる中で見付けて、応援していきたい」、統括責任者の武島由美子さんは「経済的に厳しい状況の子どもたちを一人残らず救いたい。好きなことを学べばほかの教科にも興味が広がっていく。ゆっくり焦らず伸ばしていきたい」と意気込みを語った。

 開所式で中山義隆市長は「沖縄県は貧困世帯が多いとされ、その連鎖を断ち切っていくことが非常に重要。共に手を取り合いながら運営に尽力していただきたい」と協力を求めた。

 申請の提出や問い合わせは同課(82ー1704)。

  • タグ: 学習支援塾子どもホッ!とステーション未来塾
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム