八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ファミサポ事務所が移転 竹富町

石垣市浜崎町に開所した竹富町ファミリーサポートセンターの事務所=10日午後

石垣市浜崎町に開所した竹富町ファミリーサポートセンターの事務所=10日午後

託児依頼などニーズ増

 NPO法人てぃんくる・やいま(黒島竹子会長)が運営する竹富町ファミリーサポートセンターの事務所が10日、石垣市浜崎町(石垣市民会館南側)に開所した。これまで石垣市健康福祉センター内にあったが、急な託児依頼などのニーズが増えたため移転した。子どもが遊べるスペースも確保されており、石垣市内での受診や買い物、町役場での手続きなどの際の一時預かりが可能に。離島ターミナル近くに開設されたことで町民の負担も軽減される。黒島会長は「竹富町の皆さんの要望に応えられるよう精進していきたい」と意気込んでいる。

 同センターでは、急用や仕事の都合など手助けが必要な場合に求めに応じて一時預かりや送迎などのサービスを有料で行っている。

 利用するには育児の手助けが必要な「おねがい会員」と、支援する「おたすけ会員」への登録が必要で、同法人は要望に応じておたすけ会員を紹介している。

 通常は各島々のおたすけ会員が自宅で一時的に預かるなどのサービスを行っているが、「市内でも子どもを預ける場所がほしい」との要望が以前からあった。

 おたすけ会員の親盛美智子さんは「石垣島で買い物や病院への受診などが効率よくできるようになった。サポーター同士の関わりも大事にしていきたい」と語った。

 会員数は5月31日時点でおねがい会員83人、おたすけ会員31人、両方を兼ねる「どっちも会員」は18人となっている。

 開所式には西大舛髙旬町長も出席し、「できる限りの支援をしていきたい。よりよい子育て支援環境ができるように協力をよろしくお願いしたい」と述べた。

地図
  • タグ: 竹富町ファミリーサポートセンター
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム