八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市民の声援 選手後押し 石垣島トライアスロン

コース沿いで選手たちに声援を送る人たち=16日午前、スイム会場の南ぬ浜町人工ビーチ

コース沿いで選手たちに声援を送る人たち=16日午前、スイム会場の南ぬ浜町人工ビーチ

「最後まで頑張って」
ボランティアと大会支え

 「頑張って」「もう少し」「水飲みますか、かけますか」。石垣島トライアスロン大会2017では、コース沿いに繰り出した市民が選手たちに声援を送り後押し。エードステーションや立哨などのボランティアスタッフ約700人が大会を支えた。ランのコースは市街地の目抜き通りとなったため観戦、応援がしやすく、選手たちからは「力をもらった」「楽しく走れた」と好評だった。

 スイム会場を父親の応援に訪れた上平梨々香さん(平真小6年)、桃香さん(同4年)は「がんばれ」と書いた紙を持って待機。通過すると大きな声を出した。

 長女の梨々香さんは「お父さんはモチベーションが上がらないと言っていたが、最後は練習に頑張っていた。休みの日などに一通り練習していた。見ていてすごいなと思った。レースに出ているお父さんはかっこよかった」と話し、次女の桃香さんも「ゴールまで頑張って」とエールを送った。

 職場の仲間5人とともに出場する予定だった高野夏葉さん(35)=茨城県=は、体調不良で急きょ欠場、応援に回った。「スイムが終わってショートカットで(名蔵に)来たが、トップといっしょだった」と驚き、「海がきれいな大会は他にはない。来年は出ます」と約束した。

 新栄町の自宅前で西玉得敦さん(57)・みどりさん(同)夫妻は「野口射」「鈴木隆弘」と書いた横断幕を掲げ、大太鼓をたたき続けた。野口さんは、敦さんが35年前に東京で働いていた職場の同僚、鈴木さんは、夫妻が経営する素泊まり宿の常連客。

 敦さんは「野口さんは当時からのつきあいで3年前から大会に出場している。ありがたい。今日は焼き肉店を予約した」と慰労会が楽しみな様子、みどりさんは「毎年来てくれるので楽しく応援できる。トライアスロンにも興味が湧く」と笑顔をみせた。

 市役所前でNTT西日本沖縄支店が開設したエードステーションで水かけのボランティアをした学童野球チームの本若照平君(八島小6年)は「きつそうなランナーに水をかけると笑ってくれるのでうれしい。僕もいつか出場する機会があれば出たい」と刺激を受けていた。

地図
  • タグ: 石垣島トライアスロン大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム