八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

熱唱に観客沸く 雨の中船浮音祭り

雨に見舞われたが、最後まで盛り上がりをみせた船浮音祭り=15日午後、西表船浮かまどま広場

雨に見舞われたが、最後まで盛り上がりをみせた船浮音祭り=15日午後、西表船浮かまどま広場

島外から500人、イベント楽しむ

 船浮音祭り(同実行委員会主催)が15日、西表島船浮のかまどま広場であり、音楽祭を楽しもうと島外から観光客ら約500人が来島、人口約50人の集落が音楽イベントでにぎわった。

 同祭りは、船浮出身のシンガー・ソングライター・池田卓さんが企画・プロデュース。ことしで11回目。

 開始直前に強い降雨に見舞われ、祭りは約20分遅れてスタート。池田さんは八重山民謡やオリジナル曲の「島の人よ」などを熱唱。初出演の3人組グループ「Buheeen(ブヒーン)」は豚の被り物で登場し、軽快なラップで観客を沸かせた。

 ヴァイオリニストのARIAさんに代わって出演したジョニー宜野湾さんは、代表曲「うりひゃあでいじなとん」などを歌い、ステージを下りて観客を楽しませるパフォーマンスもみせた。

 東京出身の荒川実咲さん(27)は「地元の祭りの色が鮮明で、池田さんも身近に見られてうれしい」と感想。屋良初子さん(90)=船浮出身、西表白浜在=は「初めて来た。楽しい」と最後まで祭りを楽しみ、一緒に来た清水光江さん(88)=船浮出身、石垣市在=は「ふるさとで若い人たちが頑張っている。応援したくて毎回来ている」と話した。

地図
  • タグ: 船浮音祭り
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム