八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

9団体5個人に表彰状 花と緑の街角コンテスト

第15回花と緑の街角コンテストで入賞した皆さん=11日午前、八重山毎日新聞社

第15回花と緑の街角コンテストで入賞した皆さん=11日午前、八重山毎日新聞社

 「育てて!感じて!楽しんで!花と緑の輪をつくろう!」をテーマにした第15回花と緑の街角コンテスト(主催・八重山毎日新聞社、共催・メイクマン石垣店)の表彰式が11日午前、本社会議室であり、入賞した9団体5個人に表彰状が手渡された。

 同コンテストは街角の緑化推進が狙い。ことしは69点の応募があった。奨励賞が新設され、3点が選ばれた。

 黒島安隆社長は「街角が花でいっぱいになればごみのポイ捨てもなくなる。今後もさらに美しい花を咲かせるよう協力いただきたい」とあいさつ。

 前内原用吉審査委員長は「天候不良にもかかわらず四季の花々が咲いていて審査員の目を楽しませてくれた。今後は地域原産の花を取り入れた八重山らしい花壇を創出してほしい」と講評した。

 通り会の部の最優秀賞に輝いた登野城婦人会の宮良美代子会長は「初めての最優秀賞でうれしい。地域や自分の心を喜ばせるために今後も頑張っていきたい」、奨励賞に輝いたつむぎ会(八重高26期)の長浜信夫会長は「皆さんの草花を参考にしながらさらに上の賞を目指していきたい」とそれぞれ語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム