八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小中18校で地産食材給食 子どもたちがかき揚げに舌鼓

八重山産もずくと石垣島産のにんじんを使ったかき揚げをほおばる石垣小学校の5年生たち=10日午後、同校

八重山産もずくと石垣島産のにんじんを使ったかき揚げをほおばる石垣小学校の5年生たち=10日午後、同校

八重山漁業協とJAら連携実施

 八重山産のもずくと石垣島産のにんじんを使用したかき揚げ5300食が10日、石垣市内の13小学校と5中学校の給食で提供され、子どもたちが地元産の食材を味わった。

 県産の農林水産物を活用した加工品開発を支援する県の「おきなわ型6次産業化総合支援事業」の一環。八重山漁業協同組合とJAおきなわファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場が連携して実施。八重山漁協の田中俊継さんによると、かきあげには隠しだねとしてマグロの切り身も使用したという。

 この日は石垣小学校(西原貴和子校長、児童351人)で特別授業が行われ、5年生が石垣市立給食センター栄養士の金嶺一彦さんから沖縄の食生活や平均寿命、田中さんからモズクやマグロなどについて説明を受けた。

 かきあげを食べた比嘉桃花さん(11)は「かまぼこみたいな味で少し硬かった。今後も食べたいが、もう少し柔らかい食感にしてほしい」、砂川真一君(同)は「薄くも塩辛くもなくちょうどいい味でおいしかった。また食べたい」とそれぞれ感想を語った。

 県から同事業を受託している㈱アール・ピー・アイの大島肇さんは「子どもたちから感想を聞き、それぞれ課題を出し合って改善していきたい」と語った。

  • タグ: 学校給食地産食材
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム