八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

第2戦、ロッテ13−1で勝利 交流戦

2日間で6800人が訪れた「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2017in石垣島」。第2戦は千葉ロッテが大勝した=12日午後、市中央運動公園野球場

2日間で6800人が訪れた「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2017in石垣島」。第2戦は千葉ロッテが大勝した=12日午後、市中央運動公園野球場

2日間で6800人観戦 大嶺翔、1安打3打点の活躍

 千葉ロッテマリーンズとラミゴモンキーズの「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2017in石垣島」の第2戦が、12日午後1時から石垣市中央運動公園野球場で行われ、ロッテが12安打の猛攻で13対1と大勝。通算成績を1勝1敗のタイで終えた。石垣市出身の大嶺翔太は5番三塁手で先発出場し、3打数1安打3打点と勝利に貢献した。球場には、2日間で延べ6800人の観客が足を運び盛り上がりをみせた。 

 試合はロッテが一回表、安打や四球で無死満塁の好機をつくり、4番井上が右翼越えの走者一掃の適時三塁打で3点を先制。続く大嶺(翔)が左翼への犠飛で1点を追加。四回表には敵失や連打でつなぎ、大嶺(翔)の中前への2点適時打などで一挙6点を追加、試合を決めた。

 投げては、先発関谷を含む投手7人の継投でラミゴ打線を4安打1失点に抑えた。

 ロッテの伊東勤監督は「試合内容は別にして、(ラミゴとの)交流が続けられるよう、お互い努力していきたい」と話し、12安打13得点の打線には「1人が打てば、他にも刺激となって打つ」と試合を振り返った。

 大嶺(翔)は交流戦2試合にフル出場し、7打数3安打4打点2四球1犠飛。守備では三塁と一塁を守り無失策だった。

 試合結果

千葉ロッテマリーンズ

400600120−13

000000100−1

ラミゴモンキーズ

(ロ)関谷、田中(靖)、高野、東條、成田、阿部、金森−江村、宗接

(ラ)劉昱言、張明翔、葉文淇、林國裕、林柏佑−張閔勛、劉時豪

▽三塁打=井上(ロ)

▽二塁打=高濱②、井上、吉田(以上ロ)、林承飛、張閔勛、余徳龍(以上ラ)

  • タグ: ロッテキャンプ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム