八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

農業の道進む14人激励 「将来、島に貢献」と意欲

農業関連進学・就職者を対象にした激励会に参加する生徒ら(奥)=6日午後、八重山農林高校フードプロデュース科棟

農業関連進学・就職者を対象にした激励会に参加する生徒ら(奥)=6日午後、八重山農林高校フードプロデュース科棟

八重農

 八重山農林高等学校(渡久山修校長)を今春卒業し、農業関連の道に進む生徒14人の激励会が6日午後、同校で行われ、生徒たちは「将来は島に貢献したい」と意欲をみせた。

 激励会には県八重山農林水産振興センター、県八重山家畜保健衛生所、JAおきなわ八重山地区本部、石垣市農林水産部、石垣島製糖㈱、県建設業協会八重山支部、みずほ会の代表らが訪れた。

 このうち、JAの照屋武美本部長は「若いうちに水と肥料をやり、根っこをしっかりつくっておけば、時期は違うがいい植物が育つ」と励ましの言葉を贈った。生徒たちは一人一人自己紹介し、大学に進学するライフスキル科の嶺井千裕さんは「日本、世界の農業を勉強し、将来は島に貢献したい」、フードプロデュース科の上地翔君は「高校生活では農業の厳しさも学ぶことができた。将来は実家の畜産業を継ぎたい」とそれぞれ抱負を語った。

 同校の3年生は82人。このうち農業関連の進学者7人、就職者7人。ことしの激励会は、農業に関係する建設業に進む生徒も初めて対象とした。

  • タグ: 八重山農林高等学校激励会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム