八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょうから石垣合宿 中国のプロサッカーチーム杭州緑城足球倶楽部

合宿のため石垣島入りした杭州緑城足球倶楽部の選手ら=6日午後、南ぬ島石垣空港

合宿のため石垣島入りした杭州緑城足球倶楽部の選手ら=6日午後、南ぬ島石垣空港

元韓国代表の洪明甫監督指揮 1部復帰目指す

 中国のプロサッカーチーム杭州緑城足球倶楽部の選手やスタッフ40人が6日、石垣島合宿のため空路、来島。南ぬ島石垣空港で到着した選手らを市職員や八重山サッカー協会などの関係者が出迎え、歓迎した。同チームは7日から20日までサッカーパークあかんまで合宿する。

 セレモニーでは漢那政弘副市長が「日本にゆかりがあり、中国では名高いチームと聞いており、多くの市民がプレーを楽しみにしている。合宿の合間には島の自然や文化に触れリフレッシュしてほしい」と歓迎。

 これに対し、韓国代表の選手、監督として活躍した洪明甫(ホン・ミョンボ)監督が「美しい石垣島に来られてうれしい。しっかり練習しチームも優勝を狙う。これをきっかけにチームと石垣島が良い縁になれば」と述べた。市から特産品と花束が贈られた。

 杭州緑城足球倶楽部は、中国東部・浙江省杭州市がホームタウン。中国プロサッカーリーグに加盟し、AFCチャンピオンズリーグへの出場経験もある。2016年シーズンは、1部(超級)リーグ16チーム中15位で2部(甲級)リーグに降格したが、来季、1部リーグへの復帰を目指す。また過去には、元日本代表監督の岡田武史氏、フィリップ・トルシエ氏もチームの監督を務めている。

  • タグ: 杭州緑城足球倶楽部サッカーパークあかんま
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム