八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

想定外の人気、島花ブーケ

 ▽…石垣北部じょーとーむん祭りで、北部給食食堂と同じように人気を集めた島花ブーケ作り体験。市が県の戦略品目の拠点産地として認定されているレッドジンジャーやヘリコニアなどが並び、来場者はオリジナルのブーケに満足した様子。用意した約60人分の材料は2時間で底をつき、想定外の人気に担当者も驚きながらうれしい悲鳴を上げていた。  ▽…ことしの海びらきも肌寒かったため「子どもが海に入ってくれなかった...
本文を読む

花と緑あふれる石垣市へ

 ▽…花と緑の街角コンテストでメイクマン賞を受賞した新田實・純子夫妻。真栄里公園内の花の世話をボランティアで10年余り続けてきたという。完成しても空っぽだった園内の植栽に花を植えるための土壌を手配するところから引き受け、見事に花をあふれさせた。旅行で家を空けているときも心配で、帰ってからすぐに手入れに向かった。一市民の思いで造られた花の園。市民みんなで守り育てよう。  ▽…島々に生息する希少...
本文を読む

屋外イベントにいかが

 ▽…石垣市文化協会歌謡部会がバンナ公園南口の「セイシカの花園」でカラオケ片手にお花見としゃれこんだ。スロープがあるので車いすの人も安心、トイレと自動販売機、駐車場も近くにあり、広い階段が良い観客席になる上、市街地からのアクセスも良好。セイシカの花をはじめ自然に囲まれ景色もよい。小規模な屋外イベントには確かに良い会場だ。  ▽…個人所有で全長24㍍の客船「スーパーヨット」が寄港している。ハイ...
本文を読む

先輩との記念タッチに笑顔

 ▽…卒業式の取材で白保小学校へ。式を終え校門までの花道を歩く卒業生へ、在校生らが「にいにい!タッチして!」「俺にもタッチして!」と駆け寄った。差し出された小さな手のひらを先輩らがパチンとたたくと、記念のタッチにうれしそうな笑顔を見せるかわいい後輩たち。児童同士が学校生活を通して培ってきた関係性が見える一幕だった。  ▽…この春からスポーツを始めようという子どもたち向けのハンドボール体験教室...
本文を読む

魅力的で奥深い観光を

 ▽…DMOを生かした観光地域づくりに関するトークセッションに登壇した山田桂一郎氏は「空港にある観光パンフレットの多いこと。あんなにいらない。DMOが無駄を整理するだけでかなり成果が出るはず」と指摘した。明確な戦略のもと多様な人々を巻き込めば魅力的で奥深い観光をつくる事ができるが、業務整理も必要になる。YVBの手腕が試される。  ▽…石垣市立教育研究所の第37期修了式で、研究教員の所属先を代...
本文を読む

具体的な施策展開期待

 ▽…石垣市手話言語条例が18日、成立した。市議会本会義では手話通訳がつき、聴覚障がい者や関係者らが採決を見守った。全会一致で可決された後、平良秀之議長の配慮で議場内で記念撮影。手に「祝」の横断幕。笑顔で写真に納まった。感想を求めると、感極まって涙する人も。期待の大きさの表れだ。新年度からの具体的な施策展開に期待したい。  ▽…共に石垣市内で生活する外国人や島人らが集まって語り合う「ことコト...
本文を読む

誰にとっても安全なまちを

 ▽…災害時や緊急時の情報保証や手段を教えるネットワーク構築事業で紹介されたNET119緊急通報システムは、聞きとりや発話が困難な人でも画面操作とGPS機能を使って119番通報できる画期的なシステムだが、県内で導入決定しているのは現在那覇市のみ。「日本一安全なまちづくり」を目指すなら導入は必須。急ぎたいところ。  ▽…思春期・若年層のこころについて考える講演会が開かれた。討論でSNS(ソーシ...
本文を読む

島の交通安全、皆で守ろう

 ▽…八重山地区交通安全協会の小浜支部が結成された。製糖期真っただ中にもかかわらず、結成総会には約40人の住民が参加。会則を審議し、選出された役員を承認。観光業や飲食店、レンタカー事業者など地域全体での活動を予定している。島の集落内は見通しの悪い交差点や道路の幅員も狭い。道路の特徴を把握して自動車、バイク、自転車の安全運転を心掛けよう。  ▽…西表島の上原ストームズJrが県学童軟式野球八重山...
本文を読む

地域の魅力、地元も知って

 ▽…産官学連携事業「Chura★I」プロジェクトに参加した市内の高校生8人がプロジェクトの集大成である石垣島北部PRパンフレットを作成。テーマは北部、ターゲットは夫婦やカップルなど焦点を明確化。北部を取材し、五感で感じ取った情報を練りこんだ文章で地域の魅力を紹介しており、観光客だけでなく島民にも手に取ってほしい冊子。  ▽…出張費をめぐる内原英聡氏の一般質問への答弁について、中山義隆市長が...
本文を読む

常に交通安全心がけて

 ▽…2018年の郡内の交通事故は、人身、物件ともに前年より増加した。死亡事故ゼロ期間は3年を超え継続中だが、昨年の重傷事故は32件と少なくない。人身事故の約6割を占める交差点での出合い頭事故は、車両のどちらかが一時停止、安全確認を徹底することで防げたものも多い。悲劇を起こさないために、急いでいても安全最優先を心がけて。  ▽…八重高地球科学部2年の知花耕太郎部長と大前風土君が「山口大学理学...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム