八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

ごみ袋、品切れのおそれも

 ▽…ごみ処理手数料を引き上げる条例の改正案は24日、臨時市議会に上程され、委員会を通過した。25日の本会議で可決される見通し。ごみ袋は大、中、小とも1枚5円アップとなる。この案件はことし4月施行を予定して昨年12月に提出されていたもの。施行日は8月1日に変更した。直前になると、買いだめで品切れが想定されるため、対策を求める声も。  ▽…明和大津波から246年が経過、大津波の教訓は受け継がれ...
本文を読む

陸自受け入れリスクと覚悟を

 ▽…大川公民館で21日夜、講演した元陸自レンジャー隊員の井筒高雄さん。南西諸島への自衛隊配備は、中国との局地戦を想定した米国の防衛戦略だと強調した。だから、有事の際は配備箇所が攻撃対象になる。井筒氏は「受け入れのリスクと覚悟を理解する必要がある」と述べ、賛成反対にかかわらず情報を分析して冷静に対応するよう求めた。  ▽…石垣市婦人連合会の2017年度定期総会で、宮良和美会長が2期目に選任さ...
本文を読む

大型スーパーに中国人観光客

 ▽…中国厦門から「コスタビクトリア」に乗って中国人観光客1800人がやってきた。通常のクルーズツアーと違い、1隻貸し切るクルーズチャーター。乗客輸送で観光バス46台がフル稼働、一日の稼働台数では最高を記録。下車地の大型スーパーには住民の姿がない異様な光景があった。クルーズ観光は一度に膨大な入域数と消費額をもたらすが、地域と観光のバランスが崩れているのは確かだ。  ▽…ことし80回目を迎えた...
本文を読む

ヤマネコ交通事故防止柵に期待

 ▽…イリオモテヤマネコの交通事故防止に向け、県が西表島高那地区に路上進入抑制柵を設置し、これから策定予定の事故防止対策基本計画に反映させるための実証実験が行われる。昨年は過去最多と並ぶ6件の事故があり、ヤマネコを取り巻く環境は依然として厳しい。実験の検証が先になるが、打開策につながることを願うばかり。  ▽…石垣市教育委員会が本年度から、公立幼稚園の新任預かり保育担当者や認定こども園の保育...
本文を読む

一本化、再び周知徹底へ

 ▽…竹富町内各診療所の診療時間外などに利用されていた通報システム「ワンクッションコール」が3月末で運用を終え、「119番通報」に一本化された。同コールは、もともと2016年度末終了を予定し周知していたが、利用者が少なからずいたようだ。そのため、町は再び周知を徹底。ようやくの一本化となった。  ▽…保育士試験の前期が4月22、23の両日、県八重山合同庁舎で行われる。後期は10月。本年度から先...
本文を読む

人材不足、共通の課題

 ▽…沖縄ツーリスト石垣支店の外販業務の移行と県建設業協会八重山支部総会でキーワードとなった「人手不足」。共通しているのは長期の人材難で企業の機会損失が発生している点だ。需要増の観光業と建設業だが、雇用問題が企業成長を停滞させている。好調な経済の波に乗るため、若年者や女性労働力の確保に動きだしているが、息の長い雇用対策が必要なのは明確だ。  ▽…登野城5町内会が地域内の石垣市有地の委託管理な...
本文を読む

第1次産業振興の足がかりに

 ▽…石垣市が農水産物に特化したホームページを開設、運営している。生産者、生産物に関する情報をまとめたもので、県内の自治体でも珍しい取り組みのよう。今後、旬の時期、おいしい食べ方、提供している店舗、おすすめレシピの紹介などにも活用できるという。ぜひ成功させ、第1次産業の振興を。  ▽…アルデンヌクラシックの代表格ともいえるアムステルゴールドレース。毎年コースは変更されるが、無数のアップダウン...
本文を読む

生かせ消費者が選んだ肉

 ▽…第2回銘柄牛肉好感度コンテストでJA石垣牛が最優秀賞に選ばれた。来場した一般消費者が銘柄を伏せた焼き肉を食べ比べて投票した結果、選抜された8銘柄で一番おいしいと感じたのが石垣牛だった。消費者が選んだ好感度ナンバーワンのブランド牛ということになる。これを生かさない手はない。今後の取り組みに注目だ。  ▽…現役の日本代表選手、森岡薫選手が来島し行われたフットサルクリニック。森岡選手はFリー...
本文を読む

沖縄防衛局に不信感募る

 ▽…沖縄防衛局の現地調査に備え、反対団体のメンバーと住民らが14日午前8時半ごろに開南交差点に集まり、市有地の入り口付近で待機した。しかし、この時点ですでに調査は終了していた。混乱を避けようという狙いがあったかもしれないが、川原公民館の具志堅正館長には午前8時5分ごろに調査するとの連絡があったという。不信感が募る。  ▽…15日の「イリオモテヤマネコの日」に合わせ、竹富町の友好都市でツシマ...
本文を読む

若い経営陣の手腕に期待

 ▽…3代続いてきた創業家体制から一新した平田観光。若い経営陣を筆頭に新たな一歩を踏み出した。八重山では創業家が代々、経営する企業は多い。今回の決断は株主の意向としても大きな転換となりそうだ。八重山の観光産業をリードしてきた同社だが、観光業の競争は激しい。新経営陣は従来とは違った会社方針という「企業色」を描いていく。若い力を発揮した手腕が楽しみだ。  ▽…一括交付金で整備されたバンナ公園内の...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム