八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

悲惨な戦争を経験し敗戦国となった日本は戦後…

 悲惨な戦争を経験し敗戦国となった日本は戦後、平和憲法が制定され、戦争を起こすことも巻き込まれる心配も、もはやないとまで言われてきた▼しかし、今はどうか。不戦を誓った憲法の下、専守防衛が国の基本姿勢だったにもかかわらず権力に安住し“暴走”する安倍政権によって集団的自衛権の行使が容認され、戦争のできる国に道を開いた▼米国と対立する北朝鮮情勢を背景に同盟国の日本は国民に対し、弾道ミサイルが発射された...
本文を読む

何やらおどろおどろしい。ここぞとばかりに…

何やらおどろおどろしい。ここぞとばかりに朝鮮半島有事への不安をあおり立てる政治とメディア。核実験を繰り返す北朝鮮に軍事的圧力をかけるため、米空母打撃群が朝鮮半島近海に到達するという▼軍事力行使を含む「全ての選択肢」を掲げ「力による平和」を見せつければ、即座に米国支持を表明する安倍総理。外交努力と自制を求めるべきだろうに、海自護衛艦を共同訓練させるなど、むしろ軍事衝突をあおっているようにしか見えな...
本文を読む

アパート、マンションの新築工事が目立つ。…

 アパート、マンションの新築工事が目立つ。移住公務員宿舎としての借り上げも見込まれ、契約次第では長期安定な資産運用法として注目されている。一方で古くなったアパートやマンションが島の家賃の高止まり傾向の影響を受け同じ賃料なら新しい所がいいと引っ越され、その後空いたままという建物も▼石垣市の家賃は、那覇市並みと話す知人もいて確かに月々の収入に占める割合は大きいようだ。近年は家賃に加えて保険料を徴収す...
本文を読む

16日の石垣島トライアスロン大会を取材して…

 16日の石垣島トライアスロン大会を取材して感じたことを一つ、二つ▼「諦めなければ可能性は無限大」と大書した横断幕を背に、競技用ではない普通の車イスでフィニッシュした選手がいた。うつむいてしばらく顔を上げられない。トライアスロン歴約20年で流した初めての涙だった▼豊見城市の赤嶺政則さん(54)は2011年4月、「脊髄動静脈奇形」という原因不明の病を患った。医師から「もう歩けない」と言われた。1年...
本文を読む

市制施行70周年を記念する15年ぶりの市民運動会は…

 市制施行70周年を記念する15年ぶりの市民運動会は10月1日開催が決まったが自衛隊受け入れ表明で市民を大きく分断・対立させながらの開催に、あらためて中山市長は無神経で独り善がりの政治家だと感じる▼そもそも市民運動会がいわくつきだ。1981年に陸上競技場のこけら落としで始まったが、「日の丸」掲揚をめぐって労組や平和団体が「戦争の象徴の日の丸を掲揚するとは革新市長らしからぬ」と当時の内原英郎市長に...
本文を読む

文科省の新学習指導要領で2020年度から…

 文科省の新学習指導要領で2020年度から小学校での英語教育が義務化され、現在、5、6年生を対象に「外国語活動」として週1時間実施されている英語の授業は一つの教科として位置付けられ、評価対象となる▼それに伴い、既存の外国語に触れ合う「外国語活動」は3、4年生に前倒しされ、5、6年生は教科として文字を含めた指導が行われる見通し▼だが、この義務化に教職員は指導への不安があるという。㈱ジャストシステム...
本文を読む

日本は知らず知らずのうちに、軍靴の音が近づく…

 日本は知らず知らずのうちに、軍靴の音が近づくいつか来た道に後戻りする心配はないだろうか。シリアや北朝鮮情勢に対して〝強いアメリカ〟を誇示する米国に賛同。おかしいと思っても決して反対しない。これが「日米安保」の現実である▼一方で先月の核兵器の開発、実験、使用などを禁止する「核兵器禁止条約」の第1回制定交渉に参加しなかった。不参加の背景には「安倍晋三首相の意向」があったとされる▼先の大戦での唯一の...
本文を読む

「あの頃に負けるな」とACジャパンのTV

 「あの頃に負けるな」とACジャパンのTV広告が言う。「ライバルは1964年」と。笑顔でも、夢の大きさでも、人を思いやる気持ちでも、あの頃の日本人に負けるな、と続く▼前回オリンピックの昭和39年。高度経済成長を背景に新幹線、高速道路や地下鉄が急速に整備され、人口1千万人を超えた東京。地方では金の卵が東京を目指した▼南の島々はどうだったか。浚渫船さざなみ号が美崎町埋め立てに忙しく、春ともなれば集団...
本文を読む

サメやマグロがごろごろと転がされている市場を…

 サメやマグロがごろごろと転がされている市場を訪ねたところ、マンタ(オニイトマキエイ)の平べったい姿に出会った。5年前、台湾北東部の港町、南方澳を歩いていたときのことである。南方澳は、石垣市の姉妹都市でもある蘇澳鎮にある。行ったことがある読者もいるだろう▼マンタは八重山にダイバーを誘う代表的な存在といってもいい魚。言うまでもなく、ダイバーたちは見るために八重山へ来るのであって、食べるためでは決し...
本文を読む

耕起中のトラクターの後をシロサギが群れて…

 耕起中のトラクターの後をシロサギが群れて追いかけているのをよく見かける。餌を求めての行動▼先日、そんなシロサギの後を追う羽目に。義姉がサトウキビづくりで一番つらい収穫を機械刈りでお願いしたら、後追い作業が必要になったのだ▼ハーベスター(サトウキビ刈り取り機)が出現してどれくらいなるのだろう。かつて、南米大陸の広大なサトウキビ畑でワンマン・ハーベスターがフル稼働している映像を見た時には、これで国...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム