八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

きょうも時間がかかるぞ、と構えて取材に臨んだが…

 きょうも時間がかかるぞ、と構えて取材に臨んだが、肩すかしをくらった感じ。何だかふに落ちない。川平、観音堂両地区の景観地区変更議案を審議した24日の石垣市都市計画審議会に、あっけない幕切れの印象を受けた▼地区住民の理解のないまま議案を諮問した市の強行姿勢もさることながら、審議会の対応にも疑問を抱かざるを得なかった▼「国際観光都市の確立と防災のために高さ制限の緩和は必要だ」、「高さ制限が緩和される...
本文を読む

先週の相次ぐ世論調査で急落していた安倍内閣支持率が…

 先週の相次ぐ世論調査で急落していた安倍内閣支持率が下げ止まりからやや上昇の兆しを見せ、首相はこれで逃げ切れると思っただろう。ところが神様や仏様はそうやすやすとそれを許さない。直後に再び愛媛県知事から強烈な“紙爆弾”が投下されたのだ▼振り返ってみれば、「戦争できる国」を目指し数の力で強行採決を繰り返す安倍政権の反対意見を顧みない強権的な政治手法は、その都度支持率を落とし、崩壊の危機に直面してきた...
本文を読む

格安航空会社(LCC)のバニラエアが…

 格安航空会社(LCC)のバニラエアが7月1日から成田ー石垣、那覇ー石垣に就航する。ピーチ・アビエーションが那覇路線を廃止してから約4年ぶりのLCC就航だ▼地元の人が多く利用するであろう那覇路線は片道3780円からの設定で、うまく利用すれば1万円以下で往復が可能。先日は片道980円からの特別運賃でも販売された▼ピーチの路線廃止で遠ざかっていた「那覇で模合」の夢が再び現実となる日も近づいている。早...
本文を読む

隠そうとすればするほど、次から次と表面化してくる…

 隠そうとすればするほど、次から次と表面化してくる新たな疑惑▼ひとつのうそが拡大の一途をたどり、加計学園問題をめぐる攻防で、安倍一強の揺るぎない地位を築き上げた政権が窮地に立たされている▼これまでの対応を見ていると、あるものを「ない」と言ったり、面会したことも「記憶にない」と言う。文書で明らかになって初めて認めるご都合主義がはなはだしく、いまの国政はうそとごまかし、ペテンに満ちてはいないか。そう...
本文を読む

およそ尋常ならざる振る舞いと言うべきか。…

 およそ尋常ならざる振る舞いと言うべきか。トランプ大統領である。中間選挙を控えエルサレムに大使館を移転した。パレスチナの憤激を買い、抗議デモの60人余りがイスラエル軍の狙撃などで死亡した▼それぞれが首都と主張する経緯を見れば、こうすればああなる、火を見るより明らかな愚挙である。民主、共和の党派を問わず歴代政権が控えてきたことを平気で実行に移した。イラン核合意からの離脱もそう。英仏独などの諸国が枠...
本文を読む

戦時中の台湾の様子を知りたくて、台北から…

 戦時中の台湾の様子を知りたくて、台北から1時間余りのところにある街へ94歳のおばあさんを訪ねた。私の来訪に合わせて家族や知人も数人集まり、言葉の通じにくいところを補ったり、私の拙い中国語を理解しようとしたりしてくれた▼集まった人たちは普段からおばあさんと接している。しかし、そうであればこそ、昔のことを正面切って尋ねる機会は少ないのだろう。みんながインタビュアーを務めるようにして取材は盛り上がっ...
本文を読む

見て見ぬ振りしたかったが、こうも散乱して…

 見て見ぬ振りしたかったが、こうも散乱していては拾い集めるしかなかった▼国道390号ヤラブ並木の側道を250㍍ほど進むとみやら保育園がある。この道は、両側の木や草が伸びると幅員が狭くなるので、朝夕の園児の送迎車は対向しないよう一方通行を励行している。加えて安全を確保するために定期的な草刈りを保護者会が実施、道路管理者による除草剤散布も年次的に行われている▼このほど除草剤がまかれ草木が枯れだしたら...
本文を読む

地域内で運営されている星空ガイドなどの事業を…

 地域内で運営されている星空ガイドなどの事業を公民館公認として認定する式典の取材で、久しぶりに久宇良集落を訪れた▼県道から奥に入ったところにあるため、車両の往来もなく静寂。来るたびに癒やされる。入植10周年のときに住民総出でつくったコンクリート製滑り台は今も健在だが、長いこと使われておらず、花壇と化していた▼認定式は、母の日祝賀会に合わせて行われた。会場は公民館前広場。緑の芝生がきれい。郷友らも...
本文を読む

手元に「産声のない天使たち」の本がある。…

 手元に「産声のない天使たち」の本がある。八重山商工高校が初の甲子園出場を決めて大騒ぎのころ、琉球新報初の女性支局長を務め、現在朝日新聞出版の週刊誌「AERA」記者の深澤友紀さん(39)から贈られてきたものだ▼自身の体験を機に、知られざる赤ちゃんの死をテーマにした初の著書。そこにはなかなか表に出てこない死産や流産などにまつわる妊婦らの悲しみや苦しみ、葛藤が丹念な取材と優しいまなざしでつづられてい...
本文を読む

銘柄牛ブランドとして定着した「石垣牛」。…

 銘柄牛ブランドとして定着した「石垣牛」。島内ではかなりの高額にもかかわらず来島した観光客を中心に人気を集める▼そのブランドを維持するため、JAや行政、部会など関係9機関で組織する「JA石垣牛銘柄推進委員会」が4月から石垣牛を適正に取り扱う店舗の認定制度をスタートさせた。市内の46店舗が認定され「正規の石垣牛取扱店」としてのお墨付きをもらった▼島内では、このほかに美崎畜産の「美崎牛」や、ゆいまー...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム